アジアTYAネットワーク カンボジア視察レポート
カンボジア
Kung Yu Liew07/03/17

kingdom-of-cambodia

Mr. Liew Kung Yu & Ms. Koe Gaik Cheng (マレーシア)

概観と背景

アジアTYAネットワークの視察訪問の第2弾として、私たちはカンボジアに到着し、シェムリアップ、バタンバン、プノンペンの各都市で活動している代表的な人たちとの面会をするべく動き始めた。

過去の視察訪問と同様に、この小旅行の目的は、その国の状況を知り、ネットワークを広げるための更なる可能性を探求することだ。

カンボジアのTYAの進歩は、私たちが過去に訪問した国(シンガポールとマレーシア)とは異なる。

内戦の悲劇的な歴史とキリングフィールドとして世界中に広く知られている何百万ものカンボジア人を死に至らしめた悲劇的な大量虐殺のためである。

事件から40年経った現在でも、クメール・ルージュの全体主義体制の影響は、国の歴史や文化とのつながりを事実上分断し、つい10年くらい前までは、国の発展に停滞をもたらしていた。

現世代のカンボジア人は自分自身を「何も書かれていないカンバス」とみなしている。しかし、ひとつの好機とも言えよう。若者が芸術に飢え、彼らの伝統を再発見し、新しい芸術形態を切り開く道を探しているからである。

しかしながら、広範囲にわたる貧困や、政府の関心の欠如によって、概して文化に対する支援はほとんどなく、NGOや社会事業に頼らざるを得ない。似たような理由で、そのような努力は、若い観客を育てるよりも、観光を誘致して利益を生めるような、メジャーな芸術を発展させることに主に向けられている。

カンボジアに関する情報

  • カンボジアは公式にはカンボジア王国として知られ、東南アジアのインドシナ半島の南部に位置する。
  • カンボジアの人口は1500万を超える。国の宗教はテーラヴァーダ仏教であり、国民の約95パーセントに信仰されている。
  • カンボジアは人口の60パーセントが30歳以下という若者の多い国であり、主な民族はクメール人でである
  • 少数民族としては、ベトナム人、中国人、チャム人、そして30の山岳民族が住む。首都で、最も大きな都市はプノンペンであり、カンボジアの政治、経済、文化の中心である。
  • クメール語は公式言語だが、教育言語では英語やフランス語が使われる。

 

201727日 シェムリアップ(Siem Reap

AM8:00 – 朝食ミーティング

会場:  Café at Angkor Century Resort & Spa, Siem Reap

会った人: (我々のコーディネーター)

  • Huot Dara ( Phare Performing Social Enterprise最高経営責任者)
  • Ikeuchi Momoko (Phare Performing Social Enterpriseアシスタントセールスマネジャー)

 

AM10:00– Bambu Stage

bambustage

会場: Bambu Stage, Wat Damnak Village, Siem Reap 

会った人:

- Nick Coffill (Bambu Stageクリエイティブディレクター)

- Sorn Soran (Bambu Stage人形師)

Tangram Garden Restaurantが主催するBambu Stageには、2つの重要な優先事項がある。 第一に、カンボジアに影響を与える歴史、文化、問題についての認識を変えること。 第二に、専門的で芸術的なコラボレーションによって地元の才能を育むこと。

会場として, Bambu は毎週3つの作品を上演している。

1)Angkors Temples De-coded: 寺院の謎と構造を通して、観客を精神的な旅に誘う双方向のマルチメディアプレゼンテーション。

  1. 150 years of Photography in Cambodia
  2. Bambu Puppets: Som Soranが率いる、若い人形劇団による優れたパフォーマンス。人形師は影絵人形劇の技術を学ぶために雇われている。伝統的な影絵人形劇と違って、観客は人形と人形師両方を見ることができる。 .

施設: 会場には影絵人形劇の為の野外スペース、「 Angkors Temples De-coded」と「150 years of Photography in Cambodia」のための半屋内スペース、レストランなどがあり、150人収容の新しい劇場がもうすぐできる予定である。

PM1:30 – The Giant Puppet Project

the-giant-puppet-project

会場: Wat Damnak Pagoda, Siem Reap 

会った人:

  • Stuart Cochlin (The Giant Puppet Project創設者)

もうすぐ11年に入るジャイアントパペットプロジェクト(The Giant Puppet Project)は、シェムリアップの恵まれない子どもたちのためのプログラムである。このプロジェクトは、子どもたちによって創作され、たとえば、交通安全、絶滅危惧種、衛生、地元文化への理解、環境意識など、教育的、文化的、生態学的な独自のテーマを持っている。

このプロジェクトには、違うNGO(約18)からの約600名の子どもたちが参加し、彼らはPhare Visual & Applied Arts Schoolsからのアーティストと共に2週間の長いワークショップに一緒に参加し、大きな人形を作り上げる。

特筆すべきこと

  • the Giant Puppet Projectの目玉は1年に一回行われる、ジェムリアップで旧市街からロイヤルインディペンデンスガーデンまでの街頭パレードである。パレードには出演者が参加し、1時間続く。
  • それは、共同体を作ることの重要性を感じる力を育み、チームワークを養い、誇りと自尊感情を与える。

 

PM4:00 – New Cambodian Artists (NCA)

new-cambodian-artists

会場: Rehearsal space at Cambodian National Youth Centre, Siem Reap 

会った人:

  • Bob Ruijzendaal (アーティスティックリーダー/ New Cambodian Artistsアーティスティックディレクター)
  • Khon Sreyneang ( New Cambodian Artists カンパニーマネジャー)
  • Joanne Hobern (ニュージーランドからのゲストティーチャー)

NCAはダンスを通じて女性を力づけようとする信念を軸に集まった若いカンボジアの女性たちのグループに率いられたユニークな、革新的なダンスカンパニーだ。彼らは作品を通して、国内の、また、国外の観客にカンボジアの文化と、その様々な面と可能性をより広く考えてもらうきっかけを作っている。

NCAのメンバーは次のような分野で自己研さんをするために活動しているーコンテンポラリーおよび古典的なダンスと振付、地域の、そして国際的な文化の歴史、舞台演出、教育と指導、英語のスキル。

カンパニーは成長し続けることを希望していて、もっとダンサーを増やして、国際的な規模で、カンボジアの代表的な地域と同様に、人々が舞台芸術に触れる手段を持たない地方エリアにもツアーを行っている。

特筆すべきこと

  • かなり保守的な社会の中でのコンテンポラリーダンサー、そして、女性として、NCAのダンサーは、コンテンポラリーダンスではよくある足の動きが、「ふさわしい」ダンスの動きを壊し、また、社会が持つカンボジアの女性のイメージを壊しもする、と考える地方の観客からの独特の挑戦に対峙している。
  • 2015年 NCAは文化芸術省からの認可を受け、カンボジアの団体として公式認定された。
  • NCAは現在5名から構成されているが、今後増えることが期待されている。少人数ながらも、シェムリアップや、国内ツアー、また、ソウルやラオスへの海外での活動で、彼らは多くの成功を勝ち取っている。
  • NCAは篤志家による大小の贈与や、入場料収入で資金をまかなっている。

 

PM8:00 – 観劇:
Same Same But Different Phare, The Cambodian Circus

phare-the-cambodian-circus

 

2017 28  バタンバン(Battambang

AM9:00 – シェムリアップからバッタンバンへ移動

PM2:00 – Phare Ponleu Selpak

phare-ponleu-selpak

会場 Phare Ponleu Selpak, Anh Chanh Village, Battambang

会った人:

  • Eric Regnault (Phare Ponleu Selpak エグゼクティブディレクター)
  • Megan Brake (コミュニケーションマネジャー)
  • Aurelie Clerc (ファンダライジングマネジャー(Fundraising Manager)
  • Srey Bandaul (Phare Ponleu Selpak共同創設者 Visual and Applied Arts Schoolディレクター)
  • Khuon Chanreaksmey (Phare Ponleu Selpak’s Performing Arts School副部長)
  • Tor Vutha (Phare Ponleu Selpak 共同創設者  Visual and Applied Arts School副部長)
  • Umcent (ビジュアルアーティスト, Project Coordinator of School)
  • Coralie Baudet (Phare Studio マネジャー)
  • Sophen, Sambo & Doenn (アーティスト)

Phare Ponleu Selpak (PPSA)

Phare Ponleu Selpak (PPSA) 、別名「芸術の光」は、1994年から、芸術学校や、教育的なプログラム、社会的支援などを通じて、児童青少年とその家族の生活を改善しようとしているカンボジアの非営利団体である。

クメールルージュの崩壊後、難民キャンプから帰ってきた9人の若者によって1994に設立された。今日、1200人以上の生徒が毎日公立学校に通っていて、500名が職業訓練プログラムに参加している。

そのカリキュラムの中で、学校では幼稚園から12年生(高校3年生)までの教育、ヴィジュアルアート(イラスト、絵画、グラフィックデザイン、アニメーション)、音楽、ダンス、サーカスなどの分野での専門技能教育が行われる。

すべてのプログラムは無料であり、資金はPPSE(以下参照)や国際的な支援によりまかなわれている。

Phare Performing Social Enterprise (PPSE)

自給自足の必要性を認識し、PPSA2013年に設立された。PPSAは社会的企業で、その第一の目的はカンボジアのアーティストに意義のある雇用をもたらすことである。目標は以下の通り:

1)カンボジアのアーティストのための意義ある雇用の機会を創造する

2)PPSに信頼できる収入源を提供する、財政的に継続可能な社会事業を創造する

3)カンボジアの芸術界を活性化させ、国内外にカンボジアのアートを広める

PPSEの傘下には3つの株組織がある

(1) Phare, The Cambodian Circus  (2) Phare Productions International  (3) Phare Creative Studio.

Phare, The Cambodian Circus

  • シェムリアップに20132月にオープンした
  • 330人収容の大テントで1365日、夜に上質なショーを上演する
  • 利益の75%がPPSAに直接行くようになっている

Phare Productions International

  • MICEという個人が制作したイベントを改良した国際的なパフォーマンス。ヨーロッパ、アジア、アメリカなどにツアーを行っている。

Phare Creative Studio

• 2016年開始

オリジナルコンテンツの作成:2Dアニメーション、グラフィックデザイン、イラスト

専門的な映像と音声の録音サービス

施設

公立学校(小学校と中学校)

幼稚園

ビジュアルアンドアプライドアートの学校

• Phare Creative Studio

サーカス、演劇、音楽、ダンスの4つの部門を含むパフォーミングアートスクール

カフェ

• Phareや他のNGO、社会的企業によるブティック販売製品

図書館

PM7:00 – 観劇:
「Tchamleak (Weird) 」Phare Ponleu Selpak

phare-ponleu-selpak-2

 

201729 プノンペン(Phnom Penh

AM9:00 – バタンバンからプノンペンへ移動

PM5:00 –NGOの方々と会見 (Cambodian Livings Arts)

cambodian-living-arts2

会場: 128-G9 Blvd Samdach, Phnom Penh

会った人たち:

  • Yon Sokhorn (Arts Development Programme of Cambodian Living Arts シニアプログラムコーディネーター)
  • Uy Ladavan ( Yike 振付師)
  • Chour Darong (Krousar Thmey エグゼクティブアシスタント/パブリックリレーションオフィサー)
  • Nen Phearith (Spoken Theatre)
  • Oon Sokny (Epic Arts 共同ディレクター)

私たちは「Cambodian Living Arts」の何人かの芸能実演家に紹介された。ディスカッションは彼らが、今はほとんど消えてしまったカンボジア伝統の歌やダンスの形である“Yike”をよみがえらせ、現代の観客向けに新たに創るにあたって、現在どのようなことに取り組んでいるか、どんなチャレンジをしているかが中心となった。

PM7:00 – 観劇:
「Traditional Dance Show」 Cambodian Living Art

cambodian-living-art-4

2017210 プノンペン(Phnom Penh

AM8:00 –  Sophiline Art Ensemble

sophiline-art-ensemble

会場: Café, Teahouse Asian Urban Hotel, Phnom Penh

会った人:

  • John Shapiro (Khmer Arts エグゼクティブディレクター)
  • Sophiline Cheam Shapiro (Khmer Arts 共同創設者、アーティスティックディレクター)

Sophiline Arts Ensemble ( Khmer Arts Ensemble) は拠点をカンダール州タクマオのクメール・アーツ・シアターに置く、国際的な名声を持つ古典ダンスと音楽のカンパニーである。このカンパニーは実験的な作品と、クメールの古典ダンスの両方の生徒を養成している。

このカンパニーは主に、芸術や文化イベントに関わろうとする意欲を喚起するために、若いカンボジア人(例えば大学生や最近登場してきた、高齢世代より若干収入が多い中間層)を対象にするべくがんばっている

特筆すべきこと

  • このカンパニーの前身である「 Khmer Arts」はカリフォルニアのロングビーチに、カンボジアの子どもたちが伝統的なカンボジアのダンスを学ぶ足がかりの場になるべく、2002年に設立された。Sophiline John はそれからカンボジアに戻ってきて、一方、ロングビーチの方は上級生によって運営されるようになった。
  • 優れた振付を創作し、世界中の主要なステージでこれらの作品を上演することに特化している。
  • カンボジアの人々が、文化的活動(公演や講習など)にお金を払うという考えに慣れてもらおうと、学校で、講習に対して10ドルを集めるということが実践されているが、それにもかかわらず、カンパニーでは、入場料を払うことのできない学生を受け入れている。

AM10:00 – Meta House

meta-house

会場: #37, Sothearos Blvd, 12301 Phnom Penh

会った人:

  • Nico Mesterharm (Meta House Phnom Penh ディレクター)

カンボジアの最初のメディア/アート/コミュニケーションセンターである「 META HOUSE」は 首都プノンペンのWat  Botum Pagodaの南に20071月に設立された。国内外のメディアは、カンボジアの芸術文化の一番地として「 META HOUSE」を認識している。

設立以降ずっと、国際的な展示会、フェスティバル、ワークショップ、コミュニティに根差したプロジェクト、アーティストの交流プログラムを通して、また、東南アジアの人々や国際大学、ギャラリー、キュレーター、NGOや政府機関のつながりを育てることによって、カンボジアの新しいアートの動きの発達を促進するために精力的に活動している。

施設

500平方メーターにおよぶ新しく建てられたセンターには大きなアートギャラリー、屋上の映画館、レストラン「アートカフェ」がある。「META HOUSE:カンボジアドイツ文化センター」はまた、ダンスや演劇そして音楽イベントはもちろん、NGOがワークショップやセミナーを開くことができるような公的なイベントに使えるスペースも提供している。

特筆すべきこと

  • META の一番重要な取り組みの一つは2005年に始まった学校プログラムだ。それは、演劇を学校に持ってきて、生徒たちがカンボジアの過去と現在の社会問題とのつながりを知ることができるように手助けするものだ。

現在まで、ほぼ30000人の生徒たちがそのパフォーマンスに触れてきた。

カンボジアのインフラの限界をわかった上で、パフォーマンスは最小限の設備機材で成立するように作られており、2人の演技者しか必要とせず、教室の中で上演できるようになっている。

  • 会場は、ゲーテセンターとして運営されており、カンボジアのゲーテ・インスティトゥートの正式な代表者である。しかし、ゲーテ・インスティトゥートと違うのは、ゲーテ・センターがプログラムを管理する柔軟性が高いため、センター内で実施されるコンテンツが、ドイツに戻る必要がないということである。

 

PM12:00 – Tiny Toones

tiny-toones

会場: #154, Street 369, Sangkat Chba Ampov Khan Chamkamorn, Phnom Penh

会った人:

  • Chhoeung Shhort Reuth (Tiny Toones 総監督

Tiny Toones はスラムエリア内にある、学術的な授業(英語・クメール語・コンピュータ)そしてクリエイティブな授業(音楽、ダンス、美術)を学校が始まる前や放課後に行う子どものための施設である。

恵まれない層の多い地域の若者に安全な環境を与え、彼らのエネルギーを創作創造、美術や教育に向ける目的で誕生した。

センターには毎日スラム地区の子どもが100人以上、ダンスをし、ダンス音楽を作り、学び、子どもであることの自由を楽しむために訪れる。

施設

  • バスケットボールコートと教室、ダンススタジオを備えた子どもセンター

特筆すべきこと:

  • 講座に加えて、子どもたちを「Tiny Toones 」に連れてくる交通手段を提供し、制服や本の財政的な支援を行うことで、子どもたちが公立学校へ通えるようにサポートする。
  • センターの由来には興味深い物語がある。タイの難民キャンプで生まれたKKは、アメリカで育ったが、結局、彼が全然知らない国に追放されてしまった。右も左もわからず、文化もわからず、なんのつながりもない国で、KKはプノンペンの路上で働いたり、暮らしていたりするたくさんの子どもを見て、その子どもたちに彼のつつましい家を開放した。なぜか、かれがブレイクダンサーだったという話がでて、子どもたちか彼に教えてくれるように頼んだという。
  • 子供達は訪問者(私たち視察グループと、シンガポールのアメリカンスクールの学生たちのグループ)のために短いパフォーマンスをしてくれた。 彼らは私たちのような全く知らない人の前で、恐れなしにダンスを披露した。子どもたちの中に芽生えた自分を信じる心、その自信の価値は計り知れない。
  • 資金援助をお願いするため、センターは約3ヶ月に1回、一般市民からの資金募集をする。

 

PM6:00 – Sovanna Phum Arts Association

sovanna-phum-arts-association

会場: #166, Street 99 (Corner Street 484), Phnom Penh

会った人:

  • Mann Kosal (Sovanna Phum Art Association アーティスティックディレクター 主任人形師)

1993年に創設されたこの協会は、カンボジア文化の宝物というべきものを広めている。 会場は100人の観客を収容することができ、古典やコンテンポラリーダンス、伝統的なポピュラー音楽、ドラム、大小の影絵の人形、マスクダンス、サーカスなど、数々のエンターテイメントやプログラムを実施している。

施設

  • 100名収容の劇場Theatre space for 100 persons.
  • Sovanna Phumは自分のトラック、可動式舞台、照明システムを所有している

特筆すべきこと:

  • この劇場の主な特徴の一つは、「Sbaek Thom」という伝統的な物語「ラーマヤーナ(Ramayana )」を題材とした大きな影絵人形激だ。しかし、この伝統的な芸術形態の観客がどんどん減っている。というのも、作品が通常長いのと、観客がストーリーと演技に自分たちを結び付けられないからだ。
  • 観客の嗜好に合わせて、Maan Kosalは「ラーマヤーナ」から抜粋して、別のタイプのダンスでそれを表現する1時間のパフォーマンスに作り替えた。

 

conclusion

結論と所感

カンボジアはASEANの中でも多くの困難を抱えている国の一つである。しかし、私たちはコミュニティが、文化芸術に対してとても情熱を持っていることに大きく感銘を受けた。私たちが会った代表者やNGOは主に子どもたちに関わる人たちであったが、明確に若い観客に向けた演劇はまだ実現していないように思った。

しかし、これはまもなく変化する可能性もあるだろう。その兆候もある。そして、アジアの中で急成長を遂げている国のひとつとして、青少年は、社会の急速な変化に立ち向かうために、より多くの支援とエネルギーを必要とするだろう。これは、骨の折れる戦いのように思われる。私たちがであったNGOの人たちは自分の活動を維持するのにやっとのようであったので。

これが、私たちのレポートの結論である。レポートを終えるにあたって、この場を借りて、以下の方々に感謝の意を表したい。

  • Mr Hisashi Shimoyama & Ms Nao Miyauchi (りっかりっか*フェスタから。この視察を実現してくれた)
  • Mr Huot Dara & Ms Ikeuchi Momoko Phare Performing Social Enterprise から。視察をコーディネートをしてくれ、カンボジアについての知識と洞察を我々と共有してくれた)
  • Mr Yuki Hamada (ディレクター) & Mr Hiroshi Ake (副ディレクター) (国際交流基金アジアセンターPhnom Penh Liaison Officeから)
  • Ms Noemmilya Born & Ms Sem Sokkim (国際交流基金アジアセンターPhnom Penh Liaison Officeから)
  • Mr Caleb Lee  (違った視点から意見と分析を共有してくれた)
  • 我々のために時間を割いてくださり、彼らの活動についての諸々を我々と共有してくれた、アーティスト、芸能実演家、そして団体のみなさま。
Writer’s Profile
りっかりっか*フェスタ参加者
Kung Yu Liew
マレーシア
アーティスト
訪問した場所
Instagram
#cambodiavisit