natalie-alexandra-tse
Natalie Alexandra Tse
シンガポール
ミュージシャン/音楽教育者/研究者
Title
 

ナタリーは古筝演奏者、音楽教育家で研究者。古筝の文化的な魅力を保ちながら、その現代的な音楽表現を推進している。

ナタリーは古筝の演奏を10歳で始め、国内外で様々な演奏経験を積んできた。これまでに出演したイベントにはモスクワでの「Spotlight Singapore」やシンガポールの「WOMAD」、そしてポーランドの「Bydgoszcz Musical Impressions」などがある。これまでに、シンガーソングライターのDick Leeや、文化メダルを受賞したIskandar Ismailといった国内著名人の指導下で研鑽を積んできた。さらに、国際的なアーティストであるDavid TaoやGuy Manoukianとも演奏を行った。

ナタリーは音楽芸術コレクティブであるSA (仨) を共同創設した。SA (仨) のパートナーはともに情熱的な音楽家で、民族楽器を用い、電子音楽を優雅に交えた技巧を駆使している。SA (仨) を通じ、ナタリーはエレクトロ効果を活用して音楽的な実験を行い、様々な雰囲気を生み出し、古筝がもたらせる感情効果をさらに強めてきている。SA (仨) はグラスゴーで開催された「International Society for Music Education (ISME) 2016年世界大会」や北京での「Singapore Inside Out (SGIO) 2015」、「深圳フリンジフェスティバル2013」などのイベントで演奏してきた。最近では日本で単独ツアーを行い、日本国内でもグループの音楽芸術を披露した。

ナタリーは現在ではシンガポールのNational Institute of Educationの博士課程に属し、芸術を通じて自身の冒険や実験の精神をさらに追求しながら、即興演奏を通じて創作プロセスを研究し、幼少期音楽教育での演奏を行いたいと考えている。彼女は、芸術には子どもたちが世界の文化多様性を意識する能力を育てる力があり、芸術によって異なる人々への理解、尊敬や共感を促進できると信じている。

メンバーブログ

メンバーブログは、アジアTYAネットワークメンバーが東及び東南アジア地域の児童演劇についてのディスカッションをするための場です。